快適ひきこもりニート生活

適応障害で退職し傷病手当で生活を送る引きこもりニート(アラサー)。発達障害(ADHD、ASD)当事者で精神障害者手帳3級所持。万年体調不良。オタク気質でイラスト描いたりもします。

うつや病気で休職・退職を考えている人必見!傷病手当金とは?

f:id:omepachi:20180206193414j:plain


こんにちは、おめめ(@omepachi)です。

今回は傷病手当金とはどういう制度なのか、受給できる条件など、ざっくりとご紹介します。傷病手当金はうつなど精神疾患でも申請できます

私は適応障害で退職し、現在は傷病手当金で生活を送っています。

傷病手当金を知っている人も、その存在を教えてくれる人も少ないと思います。私も精神科の医師から教えてもらうまで知りませんでした。

傷病手当金を必要としている人に知ってもらいたくて、この記事を作成しました。

私が退職するまでに調べたことと知りたかったことを、堅苦しい言葉は使わず私の体験談を踏まえながら、できるだけ分かりやすく説明していきます。

なお、あくまで私は素人ですので、実際に申請する際には加入している各健康保険の保険者にお問い合わせください。 

 

傷病手当金って?

傷病手当金とは、今まで働いていた人が病気や怪我により、仕事を長期間休まなくてはならない時(連続して3日以上休んで、その後も休んだ場合)に申請できる制度です。一定の条件を満たしていて申請が通れば、給付金が健康保険から支払われます。

全国健康保険協会協会けんぽ)や健康保険組合に加入していて、条件を満たしていれば、パートアルバイトでも申請することができます。(国民保険は不可)

医師から働けないと診断されている間、会社を休んでいてもおよそ月給の3分の2を支給してもらえます。受給できる期間は、最長1年6ヶ月です。

退職する場合、退職日も医師から働けないと診断されていれば、退職後も1年半であれば受給することができます。傷病手当金を受給しながら、ゆっくり自宅療養ができますね。

受給申請には、医師の診断書会社の証明(給料が支払われていないか)が必要です。申請は毎月(まとめてでも可能)郵送で行います。

支給条件

支給条件は大きく分けて4つです。各項目ごとに説明していきます。

1.業務外の自由による病気や怪我の療養のための休業であること

難しい文ですが、簡単に言うと労災案件や病気とみなされない場合は支給されない、と言うことです。

病気とみなされないと言うのは、例えば美容整形などのことです。私はストレス障害で申請して傷病手当金を受給しています。

 2.仕事に就くことができないこと

仕事に就くことができないかどうかは、医師が記入する申請書の意見と、今までしてきた仕事内容を考慮し、保険者が判断します。

例えば極端な話、手を使わない仕事(なかなかないと思いますが)をしていた人が、手を骨折しても仕事はできますよね。

単純に怪我や病気をしたから仕事をすることができない、と言う判断ではないようです。

3.連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと

これも難しい言い回しですが簡単に説明します。

まず、傷病手当金には3日間の待期期間というものが存在します。待期期間は連続した3日間でなくてはなりません。

そしてこの3日間は、医師が労務不能と診断していなければなりません。早めに病院を受信しておきましょう。

 

f:id:omepachi:20180207142435j:plain

なので3日間休んだだけだったり、連続して3日間休んでない場合、傷病手当金は申請できません。

f:id:omepachi:20180207133608j:plain



※ただし、この待期期間には公休日・有給休暇を含んでもOKです。(土日が休みの人は土日も含めてOK)

f:id:omepachi:20180207130844j:plain

連続して3日間休むことでやっとスタートラインに立てたと考えてください。

この待期期間が成立していないと傷病手当金は受給できません。

 なお、私のように医師から働けないと診断されてからも、飛び飛びで休んだり出勤したりを繰り返す場合もあると思います。その場合でも、医師の診断があって、待期期間が成立していれば申請できます。

※出勤している日は傷病手当金は支給されません。

f:id:omepachi:20180206180824j:plain

私の11月前半のタイムカードです。飛び飛びで出勤していることがわかります。

 

4.休業した期間について給与の支払いがないこと

傷病手当金は仕事に就けなくて休業している間の生活保証金です。当然、休んでいるのに休業期間中に給与が支払われていれば、受給することはできません。

ただし、給与が支払われていても、本来受給できる傷病手当金より少ない場合は差額を受給することができます。

 

退職後も傷病手当金を受給できる条件

上記で説明したのは「傷病手当金の支給条件」です。

退職後も傷病手当金を受給するには、1年以上被保険者であることと退職日に傷病手当金を受給しているか、傷病手当金を受給できる状態にあることが条件になります。

つまり、1年以上保険に加入していて退職日に休んでいる(有給休暇不可、公休日可)ことが必須なのです。

自分がいつから保険に加入しているか 

まずはお手元に保険証を用意してください。

資格取得年月日」が書いてあると思います。その資格取得年月日が被保険者になった日です。

交付日とは異なるので注意。

資格取得年月日から1年経過していないと、1日足りないだけでも退職後は受給できなくなります。

退職日に休んでいること

f:id:omepachi:20180207135359j:plain

引き継ぎや挨拶があるから、と言って退職日に出勤してしまうと退職後の傷病手当金は一切受け取れなくなりますのでご注意を!挨拶は退職日前日までに済ませておきましょう。

 

支給期間

支給期間は最長1年6ヶ月(18ヶ月)です。

支給期間の考え方は複雑ですが、合計で1年半だと考えてください。

例1 退職した場合

例えば1ヶ月間休職して、傷病手当金を1ヶ月分受給した後に退職をするとします。

この場合、退職後、傷病手当金を受給できる期間は残り最長1年5ヶ月ということになります。

f:id:omepachi:20180207142119j:plain

例2 休職していて復帰した場合

例えば病気で1ヶ月間休職して、傷病手当金を1ヶ月分受給し仕事に復帰したとします。

復帰し1ヶ月は働いたけれど同じ病気が再発して再び休職する場合、復帰」していた1ヶ月も支給期間にカウントされます。

f:id:omepachi:20180207142116j:plain

 

なお退職後、病気や怪我が良くならず受給期間が終了すれば、働けない状態でも傷病手当金の支給は終了します。

支給額

給与の変動が少ない人はおよそ月給の3分の2が毎月の支給額です。

正確な計算方法は下記の通りです。

 

f:id:omepachi:20180207111417j:plain

文字だけ見るとゾッとしますね…。

とてもややこしいので、計算方法の詳細は関連記事をご覧ください。


傷病手当金の要点まとめ

  • 全国健康保険協会健康保険組合に加入していて条件を満たせば、パートやアルバイトでも受け取れる
  • 連続した3日間の待期期間がある
  • 退職後も受給できる
  • 受給期間は最長1年6ヶ月
  • 支給額は給与のおよそ3分の2

難しい内容でしたが、ここまで読んで下さりありがとうございます。

その他注意点や細かいことは、関連記事を参照してください。

 

関連記事

 

無職になるのは躊躇しますが、退職しても安定したお金が入ってくると思うと退職への道が少し開かれると思います。

仕事を辞めたくて苦しんでいる人に、少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村