快適ひきこもりニート生活

適応障害で退職し傷病手当で生活を送る引きこもりニート(アラサー)。発達障害(ADHD、ASD)当事者で精神障害者手帳3級所持。万年体調不良。オタク気質でイラスト描いたりもします。

ADHDだけどクレジットカードを使いたい!対策講座

f:id:omepachi:20180322214843j:plain

こんにちは、おめめです。

 

私は金銭管理がかなーり苦手です。

貯金してもすぐに使って気づけばなくなっています。

 

ADHDはクレジットカードを持つなってよく言われてますよね?

 

でも私、クレジットカード大好きなんです…。

 

ADHDだけどクレジットカードと上手く付き合う方法をようやく見出したので、紹介していきたいと思います〜。

 

 

 

 

 

ADHD、クレジットカードのメリット・デメリット

まず、ADHDさんにとってのクレジットカードのメリットとデメリットについて考えてみます。

 

メリット

  • レジでお金をぶちまけないw
  • 上手く使えば金銭管理が楽
  • ネットショッピングなどの支払いがスムーズ
  • ポイントが貯まる

 

私は手先が不器用なので、お金を払うのにめちゃくちゃもたつきます

レジの人と後ろの人の視線に焦って、財布ごと落として中身をぶちまけてしまいそうな勢い…。

 

クレジットカードがあればカードを出してサインするだけ(サインはちょっとめんどくさい)だから楽々です。

 

自分が今月いくら浪費しているか、ネットで明細が確認できるのでその点は便利。

ネットショッピングの際も手数料・手間の面から考えても、クレジットカードがやはり便利ですよね。

 

 

なんと言っても私が思う最大の魅力は、ポイントが貯まること。

 

余談ですが、JCBのクレジットカードだと、ポイントを貯めてディズニーのパスポートと交換できちゃうんです!!!!!(ディズニーオタ)

 

毎年平均、1dayパスポート二枚とポイントを交換しています。

 

 

 

デメリット

  • 上手く使わないと自己破産することも
  • 紛失する危険
  • 地獄のリボ払い

 

クレジットカードの怖いところはやっぱり使いすぎることです。

 

 

私の身内はリボ払いに首が回らなくなって、実際に自己破産しています。

とにかくリボ払いだけば絶対にするな。(特にADHD

 

 

という私も発達障害が発覚する前に、30万ほどリボ払いしていて大変でした…。

毎月返済額1万円に対して利息が約1万円…。

 

結局お金を貯めて一括で返したんですけどね。

 

 

 

あとADHDさんは紛失にも気をつけなくてはいけません。

私は10年前からクレジットカードを持っていますが、今のところ紛失したことはないです。意外と。

 

 

 

 

 

クレジットカードと上手く付き合うには?

本題です!

ADHDさんはクレジットカードとどう付き合えばいいのか。

 

 

クレジットカードを使うたびに、使った金額を支払いに向けて取っておく

 

 

これだけです。簡単!

 

 

実は私もこのことに気づいたのは先月。

 

それまでは毎月、先月の自分が使ったお金を捻出して支払いに回していました…。

そう、貯金を切り崩しながら…。

 

 

でもあるとき気づいたんです。

 

今月の支払いを来月の自分に託すのではなくて、今月のお金の中から支払いに回そう!と。

 

 

なので今月の支払いは超超超スムーズでした!!!!!

 

 

 

 

具体的なやり方はこちら

実際に私が今やっている対策も簡単なことです。

 

f:id:omepachi:20180616203134j:plain

 

クレジットカード用のファイルを作って、クレジットカードを使うたびに使った分だけお金を入れています

 

 

私は傷病手当金で生活しているので、傷病手当金が支給されたらまずこのファイルに全額振り分けてます。(ファイルはまだ何種類かあるよ)

 

今月、自由に使えるお金は残りいくらなのかも分かりやすい

無理な買い物を防ぐことができています。

 

どうしても通帳の数字だけだと実感がわかないので、一度現物を振り分けることで可視化できました。

 

必要経費(病院とか保険とか)も先によけておくことで、足りない〜!!!ってことがなくなります。

 

 

クレジットカード以外の金銭管理については、また別の記事にまとめたいと思いまっす。

 

 

 

上手く付き合えば怖くない!

ADHDさん向けのクレジットカード対策方法でした。

 

紛失については、もう気をつける以外の対策がないと思うので、気をつけてくださいとしか言いようがありません…。

 

クレジットカードで私自身、苦い経験もしてきましたが、やっと自分に対策方法が見つかりました。

 

最後に。

リボ払いと使いすぎにだけはご注意を!!!